特集★車検の予約おすすめ6サイト

希望する日に車検を受けられるように予約が大事です

仕事で忙しい方も希望する日に車検を受けられるように、予約を早めに進める事で、安心して車検を受ける準備を進められます。電話やオンラインで簡単に予約ができるお店もあり、空いている時間に車検の申し込みをする事で、休日に点検ができます。

予約が遅れてしまうと、希望する日にお店で車検が受けられない場合がありますし、お店の比較が遅れると、費用にも違いが出てきます。早期予約をする事で、割引をしてもらえるお店もありますし、プレゼントキャンペーンが用意されている場合もあり、お得です。

早めに予約をする事で、車の点検に関する意識も変わり、立会い車検を受けるなど、車の状態をきちんと理解して、必要な整備を行えるように考えていけます。立会い車検は、車の専門知識を持たない方も、スタッフにわかりやすく車の状態を教えてもらう事ができ、自分の目で確認できるメリットがあります。お店によって、料金やサービスの違いがある事を知るために、情報収集を進める事が必要です。

車検の速太郎

車検の速太郎ではあらかじめ車検の予約をしておいて、予約当日に車検を受けてそのままその日に車を乗って帰る事が可能です。車検には時間がかかってしまうというイメージを持っている人も多くいますが、車検の速太郎では時間をかける事無く車検を受ける事ができます。

車検の速太郎では必須の修理個所以外は、お客様と相談しながら現時点で修理をするかを相談しながら車検を進めていきます。どれくらいで修理や交換をする必要があるパーツなのかをしっかりと説明をしながら車検を進めていくので、安い費用での車検を受ける事が可能です。

車検の速太郎では整備や検査は専門の技術スタッフが2名体制で行っており、安心して車検を受けられる特徴があります。お客様と立ち合いをしながら車検を進めていくので、どの部品を交換したのかなどを確認しながら安心して車検を受けられます。


企業情報

会社名
株式会社 速太郎本部
所在地
〒733-0001
広島県広島市西区大芝2丁目13-3
連絡先
082-537-1700
サイトURL
https://www.hayataro.com/

ホリデー車検

車検を行う際にはディーラーをはじめ街の点検整備業者など多くの候補の中から選定する事が可能です。この中でホリデー車検は全国に多くの店舗展開している立会車検の会社となっています。ここでは複数スタッフが作業を同時進行してスピーディーに車検を行います。

ホリデー車検では持ち込んだ車の状況をスタッフがお客さんと共に立合い、必要な点検整備や交換部品の内容を伝えて見積もりを出してくれますので、とても明朗な見積内容となっています。またネットで簡易見積もりを実施可能です。

ホリデー車検は車検の予約をサイトで24時間受付け対応していますのでとても便利です。また車検を希望する店舗の営業日や営業時間についてもサイトから確認して選定を行えます。

今までの車検にご不満の皆様、ぜひホリデー車検へ!キャンペーン実施中!

イエローハット

カー用品店で知られているイエローハットですが、実は車検も行っています。各店舗によって費用、特典、サービス、営業時間などに違いがありますが、いずれにしても一般的な車検よりも低価格で検査を受けられるのが特徴でしょう。

車検専門店ではないことに不安を覚える方もいるかもしれませんが、イエローハットは徹底した対話を心がけているので利用者が不必要と判断する整備は行いません。また、整備・交換部品代金はカー用品全国チェーン店ならではの品揃えでロープライスが可能となっています。

まずは見積もりを取って費用を確認してみましょう。相談できるコールセンターまたは手軽に使えるネットから申し込み予約ができます。コールセンターは年末年始を除く10時~18時まで、ネットは365日24時間対応しています。

車検のコバック

車検のコバックは全国に500店舗以上ある国内最大級の大手車検専門工場です。コバックでは車検のマニュアルができているため、どこでも一律のシステムと検査と費用で受けることができます。また、価格の安さが特徴でしょう。

マニュアル化されているため合理的に検査ができるのはもちろん、車の持ち込みや引取りをお客さんがすることで経費を削減して安さを実現しています。安心、安い、早いが特徴なので、スピーディーな検査を求める方におすすめです。

車検メニューは主に3種類があり、スーパークイック、スーパーテクノ、スーパーセーフティーから選べます。メニューによって検査項目、所要時間、サービス、費用が変わります。予約はインターネットから可能、定休日は各店舗によって異なるので、お近くの店舗を調べてみましょう。

グーピット

自動車を保有してれば避けては通れないのが車検です。車検をするにあたり、どこに依頼すればよりお得に車検をする事が出来るか考える必要があります。1番気になるのはやはりその費用。グーピットで検索すれば、車検完了までの費用を事前に計算する事が出来ます。

グーピット以外の店舗に依頼する場合、直接店舗に出向いたり、電話連絡をする必要も出てくると手間がかかります。しかし、グーピットに依頼すれば、法定の1ヶ月前からならネットから簡単予約も出来、無駄な手間を省く事が出来ます。

また車検をする際の引取と納車オプション、仮に車検切れの状態で依頼する際の車検切れオプション等も充実しており、丁寧なコンシェルジュの説明もあり非常にスムーズに対応をしてくれます。

オートバックス

オートバックスの車検は受けたあとに1年間無料で3種類の補償があり、トラブルが起きても安心して車を運転できます。補償内容はパンクや窓ガラスの傷やバンパーの傷を割安で修理でき、不具合が起きても安心して対処できるため便利です。

車検の予約はインターネットや電話でできるため、営業時間外でもサイトにアクセスして希望する日時を伝えると完了できます。オートバック会員であれば金額に応じてポイントも貯まり、安心して依頼できる整備士がいることがメリットです。

オートバックスは車検を担当する整備士をサイトで紹介し、資格や実績が分かるため他の方法と比べて安心できます。車の整備は安心して依頼できる方法を探さないと不安になり、内容を確かめて納得をしてから予約をすると効果的です。

車検はどうやって選ぶのが賢いのか

自動車の整備不良や故障による事故を防ぐために車検制度が導入されています。2年毎に1回(新車は初回時だけ3年に1回)受けることが義務化されており、国が定めた保安基準を満たしていないと検査に通ることができません。検査に通らない自動車または検査を受けていない自動車は無車検車となり、無車検車運行・道路運送車両法違反が適用されて違反点数6点・30日間の免許停止・6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金が科せられます。また、無車検車は自賠責保険も未加入になっているので、自動車損害賠償保障法違反が適用されて違反点数6点・1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられます。通常はこれらを合わせて違反点数12点・90日間の免許停止・1年6ヶ月以下の懲役または80万円以下の罰金となるでしょう。ちなみに違反点数は前歴があれば免許取消処分が下されることもあります。そのため、必ず車検の有効期限が切れる前に検査を受けて更新しておかなくてはなりません。

現在、車検を受けられる場所は多岐にわたっています。ディーラー、車検専門工場、民間工場、ガソリンスタンド、カー用品店などがあり、また業者に依頼せずに自分で受けるユーザー車検もあります。ユーザー車検は車に関する知識がないとできないので一般の方で行う方はあまりいません。受ける割合が多いのはディーラーでしょう。自動車メーカーには全国に自社の自動車を販売する正規ディーラーがあります。販売が主な目的ですが、専門の整備士が修理、点検・整備、車検などの各種メンテナンスも行っています。メーカーの自動車に対する知識が深く、整備も揃っているので細かな検査をしてくれます。ただし自社メーカー以外の知識は少なく、価格も割高です。そして最近増えてきているのが車検専門工場です。車検専門工場は車検を専門的に行う整備工場で、フランチャイズ化することで全国に工場が存在します。車検をマニュアル化しているので合理的に作業を行い、検査、設備、費用が均一になっています。そのため、利用者にとっては経済的負担は少なく、安心感もあります。現在は車検が受けられる工場も多様化していますが、これまでディーラーと並び利用されてきたのが民間整備工場です。民間整備工場は街の自動車工場で、車検を含め検査、点検、修理などを行っています。指定工場と認証工場の2種類があり、指定工場では自社で車検を行うことができますが、認定工場では車検を行うことができないので検査に時間がかかります。工場によって良し悪しが大きく変わるので、一概にどこが良いとは言えないでしょう。ガソリンスタンドはガソリンを給油し売るところ、カー用品店はタイヤやアクセサリーパーツなどの販売店ですが、こちらでも最近は車検を受けることができるようになってきています。こちらも指定工場なら、そこで車検を受けることができます。費用は他の工場に比べると割安ですが、専門性が低いので点検整備の質は期待できないこともあります。ただ、新車ならそれほど不備が見つかることはないので、簡単な検査で安くできる工場を選んでも問題はないでしょう。

車検は費用が高いのがネックです。軽自動車でもおよそ5万円~7万円、普通車なら10万円を超えることもあります。また、通常の検査に加えて交換しなければならないパーツなどがあればさらに費用は伸していくでしょう。車検の費用内訳は「法定費用と検査費用」が基本で、これに必要に応じてパーツの交換費用や修理費用などが追加されます。法定費用は車種によって一律なのでどこの業者で受けても変わりませんが、検査費用は業者によって変わり、これが車検費用に大きく影響してきます。車検は完全予約制で有効期限満了日の1ヶ月前から予約を取るのが一般的ですので、手間ですが費用を抑えたいのなら事前に複数の業者に見積もりを出してもらい比較をすることをおすすめします。また、他社の見積もりを提示して値引き交渉をすることもできます。修理費用や交換費用は純正パーツを使うかどうかによっても大きく変わりますので、合わせて検討するといいでしょう。支払いは原則として法定費用は現金払い、検査費用は後払いでもOKとなっています。検査費用をクレジット払いにすればカードのポイントがつくのでいくらかはお得になります。その他、業者によっては割引制度を導入していることもあるので、これを活用すれば1000円~5000円程度まで値引きを受けられることもあります。割引制度の内容は業者ごとに変わりますが、インターネット予約、早期予約、新規、リピーターなどがあります。まずネット予約を選択することで一つ割引があり、1ヶ月や3ヶ月など早めの予約でも割引を受けられます。そして、新規利用者やリピーターなど利用状況に応じた割引もあります。さらに、レディースデーやレディースプランを利用すれば女性は割引や特典などを受けることもできますし、中には障がい者割引やシニア割引を導入している業者もあります。