エリアで見る名取市不動産の特徴

仙台市と隣接する名取市は、不動産の人気が高まっています。北の富谷市や、東の多賀城市と比べても高い人気が目立ちます。名取市不動産は人気のエリアごとに分けることができます。エリアごとの人気を探ることで、その部分が人気なのかがはっきりします。名取市の住宅地は旧市街地、高度経済成長期に造成された住宅地、比較的新しい住宅地に分けられます。地理的に旧市街地はJR東北本線名取駅を中心としたエリアです。高度経済成長期に造成された住宅地には名取駅から南側の名取が丘があります。さらに、比較的新しい住宅地は、高舘丘陵や愛島丘陵の住宅地があり、平成になってから開発された住宅地には、仙台空港アクセス線沿線の住宅地があります。地域により敷地の標準的な大きさが異なり、建てられた年代によって建物の仕様や構造が異なります。

旧市街地と高度経済成長期に開発された住宅地

旧市街地と高度経済成長期に開発された住宅地は、名取市不動産の中でも落ち着いた街並みを形成しています。市場に出される物件は主に中古物件です。中古物件は価格も安く、リフォームにより新築と変わらない状態とすることも可能です。1981年に建築基準法の構造規定が新しくなり、新耐震設計基準が適用されるようになりました。さらに、2,000年にかけて接合金物の規定が追加されたことから、2,000以降に建てられた建物であれば、大規模な改修をすることなく、増改築が可能です。古い住宅でも改修が仕上げに留まれば、そのまま住むことも可能です。しかし、増築や大規模改修を伴う場合は筋違いや接合金物を現行基準とあわせる必要が有り、建築確認申請が必要となる大きな改修が必要となります。

北西部の住宅地と仙台空港アクセス線沿線の住宅地

新築などの新しい物件は、北西部の住宅地やJR東北本線の名取駅、南仙台駅近くに集まっています。さらに、仙台空港アクセス線沿線の住宅地にも分譲住宅を中心とした売り物件があります。北西部の住宅地は高舘丘陵や愛島丘陵の高台に開発されています。地盤が良く、洪水の心配が無いので人気があります。仙台市太白区と隣接する地域なので、クルマを利用することで仙台市民と同じ利便性を享受することが出来ます。JR東北本線の名取駅、南仙台駅近くの物件は、旧市街地や国道4号の沿道に建つ商業施設を利用することで、利便性が高まります。仙台空港アクセス線沿線の住宅地は新しく、大型ショッピングセンターの利用が可能です。宅地の区画は北西部の住宅地が大きく確保されています。建築協定による規制があるので注意が必要です。