敷地の広さで見る名取市不動産の特徴

名取市不動産は地域により敷地の広さに違いがあります。北西部の高舘丘陵や西部の愛島丘陵では敷地面積が広いのに対して、JR東北本線南仙台駅周辺や、仙台空港アクセス線沿線では、敷地面積が狭い傾向にあります。両者の違いは用途地域の違いではなく、建築協定などの建築規制の違いが原因しています。名取市で不動産を求める場合には、敷地にかかる規制を知る必要があります。建築の規制は建築基準法や都市計画法によりますが、県の条例や地区計画、建築協定が加わる場合があります。物件販売での重要事項説明においても説明される内容ですが、言葉の意味を理解していないと、見逃してしまう場合があります。建築基準法では用途地域や道路の種類、建ぺい率、容積率の理解が必要です。建築基準法以外の規制の有無も、敷地の広さに大きく関わります。

建築基準法の集団規制による制限

名取市不動産では、地域により該当する規制が異なります。建築基準法の規制では、用途地域により規制の内容が異なります。北西部の住宅地では住宅用地部分の主な用途地域は第一種住居専用地域です。建ぺい率は40%、容積率は60%で、県内の住宅地では一般的な規制がされています。第一種住居専用地域は外壁後退の規制があります。道路や隣地から建物まで、一定の距離を確保する必要があります。外壁後退に関しては、建築協定などの別の規制の有無も確認する必要があります。さらに、建物の最高の高さの制限が課せられます。北側斜線や日影規制と合わせて、建物の最高の高さや軒高には一定の規制がかけられていることを理解する必要があります。注意が必要なのはカーポートや物置を設置する場合です。カーポートや物置も建築物と見なされるので、十分な必要です。

地区計画や建築協定による建築物の制限

JR東北本線南仙台駅周辺や名取駅周辺の住宅地は、第一種住居地域の用途地域が一般的です。建ぺい率は60%、容積率は200%で、多用敷地が狭くても余裕を持って建物を建てることが可能です。第一種住居地域では、最高の高さや北側斜線の制限がありません。自分の敷地に高い建物を建てることのできる反面、隣地にも高い建物が建つ可能性があるので注意が必要です。仙台空港アクセス線沿線は、商店街や他の施設が混在しているので、用途地域も様々です。主な住宅地の部分は第一種住居専用地域です。建ぺい率は40%、容積率は60%で,良好な住宅地が形成される地区であることがわかります。仙台空港アクセス線沿線の住宅地は敷地面積が一般に狭く、駐車場の設置により建物の建つ部分が狭くなることに注意が必要です。